トラガス(軟骨)排除って何?なぜ起きるの?

ここで言う排除というのは、『徐々にホールが外へ移動すると同時にピアスが外れていってしまうこと』です。
なぜ起きるかというと、身体がピアスを異物と判断して『排除』しようとするからです。
排除されてしまうと、ホール自体も裂けてしまい断裂状態になってしまい、傷も醜くなります。
万が一、ピアスを開けた場所より外へとずれるようなら、ファーストピアスを外して穴を塞いでしまったほうが良いです。
傷がいえてからまた開けたほうがキレイにトラガスを付けることができます◎
排除に関しては他のピアス部位よりもトラガスが起きやすいようです。
排除自体は、どの人にもに起きるわけではなく、排除されやすい人とされにくい人もいます。
排除されにくい人の場合は、端の方にホールを開けたとしても排除せず残ったまま何の問題もなく過ごせます。羨ましいですね。。。自分が排除されやすいかどうかを知るには、やってみないとわからないです。
トラガスのホールは、どちらかというと端側に開けた場合やホールを直角に開けられなかった場合に起こりやすいです。
あと、トラガス部位に厚みがある人にも起こりやすいです。
自分の厚みについては、友だちと比較したり病院や専門店などで聞くとすぐに教えてくれますよ。

まずは排除されないように、橋側ではなく顔側の方にピアスホールを開けてくださいね!
そして、ピアッシングする時はできればセルフではなく専門家にお願いしたほうが直角になるので見た目もいいですよ。