トラガスのファーストピアスの長さ(シャフト)はどのくらい?

トラガスにつけるファーストピアスの長さ(シャフト)や種類について、何を選ぶといいか最初はわからないですよね。

『シャフト』については、人によって厚みが違ってくる場所なので決まったシャフトは無いです。
しかも、施術後に腫れてくることもあるので、最初から自分のサイズに合わせたピアスを用意しても短くなってしまうことがあります。その時は、ピアッシングしたスタジオなどに行きシャフトの長さを長くしてもらって下さい。サイズが合わないまま付けておくと、すごく痛いし、不衛生になります。
もしくは、最初から余裕を持って少し長いタイプをファーストピアスにしておくと多少腫れても大丈夫で、手入れも楽ですよ。
『種類』については、基本的にはストレートバーベルです。

たまにラブレットを選ぶ方もいますが、ファーストピアスとしてはオススメではないです。
キャッチの部分が平らなディスク状になっているので、汚れが溜まりやすく出血や膿が出た場合に不衛生になりやすいし、場合によってはカリカリにこびりついてしまう為、取る時にやっかいです。

ホールが安定するまでは、ストレートバーベルの方が無難ですね。