ピアッサーでトラガスを開けても大丈夫?

トラガスの部位のピアッシングは《ニードル》の方がスムーズでキレイに開けられます。
ピアッサーを使う人がいますが、曲がってしまったり失敗してしまう場合が多いようです。

もしピアッサーで開けるなら、軟骨専用のピアッサーで行なって下さい。ましてや、耳たぶ用のピアッサーでは軟骨は難しいです。
この際は、自分で開けるには危ないし斜めになったり失敗しやすいので、誰かに手伝ってもらうほうがいいでしょう。
ニードルのほうがキレイに開く理由は、ピアッサーと違って先端が注射針のように鋭い刃になっており、皮膚や軟骨をサッと切りながら貫通させていきます。なので、負担が少なく治りも早いのです。

ピアッサーは、どちらかと言うと皮膚を押しつぶしながら貫通させるので、周辺の皮膚にまで負担をかけるため炎症が起こりやすくなります。しかも、腫れてピアスが埋まってしまうことも有ります。

軟骨部分に関しては、押しつぶされる衝撃でいろんな方向にヒビが入ったり腫れやすくて激痛を起こしやすく、トラブルが多い場所なので、ニードルでサクッと行ったほうが安心ですね。