トラガス(軟骨)ピアスを買うならココ!

今では、男女問わず耳やぶにピアスを開けてる人はたくさん目にするようになって来ましたよね。その中でも、さらに自分の個性を表現したい人たちはトラガス(耳軟骨)に穴を開け、自分のファッションを楽しんでいます。
しかし、現状としてトラガス用のピアスって耳たぶピアスと比較して、デザインがとても少ない為、友達と似たものになってしまったりしませんか?
しかも、無理してサイズが合わないものを付けてみたりしていませんか?

せっかく思い切って開けたんですから、自分のサイズや好みにあったオシャレなトラガスピアスを見つけて可愛いファッションを楽しみましょう!


ここでご紹介するのは、ボディピアス専門店『凛』@通販です。
このショップは、デザインやサイズがすごく豊富でピアスに関することならなんでも揃うし価格が安いのでオススメです。
是非お気に入りを見つけてくださいね!
今、オススメのトラガス
クリアーにキラっと光るラインストーンストーンがオシャレ!
クロス、クラウン、フラワー、そして定番のジルコも使えますよ◎

サージカルステンレスのピアスを使おう!

ディピアスのショップにいくと『ステンレス』『サージカルステンレス』という文字を目にすると思います。
でも、ステンレスは聞いたことあるけど、サージカルってなに?知っていますか?

◇ステンレスとは

『ステンレス』は、汚れにくい・錆びにくい金属です。
他の金属と比べて、変色しづらかったり傷が付きづらく、キレイなまま使えるので、私たちの生活空間の中にもたくさん見ることができます。家の中では、水にもヨゴレにも強い物が必要な窓によく使われています。

◇サージカルステンレスとは

『ステンレス』よりもさらに腐食しにくい金属に表面加工を施した、より安全で最上級のステンレスです。
医療器具としても使われており、人体(傷口)に触れても安全性が高く、金属アレルギーの人でも使えるくらい優しい素材なのです。
水や血や傷にも強いので、入浴時にも外さずそのまま入っても錆びたりする心配がいらないです。

ボディピアスをするときの素材は、付けていても安全な『サージカルステンレス』を選んでくださいね。
ステンレスの中でも色んな種類があり、安すぎるピアスを『ステンレスだから錆びにくいから大丈夫』なんて気軽に付けていると、開けたてのピアスホールが綺麗に治らずに、タダレたり化膿してしまう原因になることも有るので、気を付けてくださいね。

ここで有名な通販ショップ、ボディピアス専門店『凛』をご紹介します♪
このショップは、『サージカルステンレス』使用のピアスを販売しています。
いろんな部位のピアスが安いのに可愛いデザインや格好良いバーベルなどが沢山揃っていて、サイト自体も大きな画像つきで見やすいです!
ボディピアスのデザインだけでも1000種類以上もあり、更にサイズも豊富なので一度覗いてみてください。色んなピアスがあって選んでるだけで楽しいですよ(^^)

可愛いラブレットが通販で売ってるオンラインストア

街で見かけるピアスショップでは、あまり可愛い種類がないラブレットスタッドのピアス。
ココでは、ボディピアスの専門店をご紹介します。

ここのピアスは種類がとても豊富でインターネット通販としては親切で見やすく安いです!

女の子の好きそうなジュエルピアスやファッションピアスが盛り沢山です!

トラガスやヘリックスに使えるラブレットだけでも、100種類以上有るので是非見てくださいね!

ラブレットのページ
http://rin-kyo.com/SHOP/24464/list.html

ラブレットのファーストピアスに透明ピアス(透ピ)は使える?

使えません。
透明ピアスは、細かな傷が付くため殺菌が繁殖しやすく、癒着の心配も有るので長い時間の仕様がでません。
どうしても人と話す時に見られる場所なので、炎症など起こしたくないですよね。

癒着してしまうと自分では取れないため手術するしかなくなってしまいます。
感染も、腫れたり膿だりして大変です。
なので、透明ピアスはおすすめしません。

本当に一時的に使用する程度なら大丈夫ですが、ファーストピアスとして付け替えること自体はあまり良くないです。

ファーストピアス用としての透明ピアスがありますが、やはり期間が短く約2ヶ月で取り替えなければいけないです。
ある程度安定してきた場合のみ、透明や肌色のピアスは大丈夫です!

ラブレットのシャフト(長さ)は決まってる?

ラブレットのシャフトの長さについては、個人差が有るので決まってはいませんが、センターラブレットとサイドラブレット(リップ)では長さが多少変わります。

センターラブレットなら、12mmは有る方が良いです。
サイドラブレットでは、10mmくらいは合ったほうが良いです。

デザインが可愛いピアスやかっこ良いの場合は、8mmが多いですが、それは安定した状態で使ったほうが良いです。

ファーストピアス用としてなら腫れた時にも対応できるように少し長めをしておいた方が良いです。
あまりあれこれと付け替えたりすると口の周りのホールは塞がってしまいやすいし、ふさがらなくても安定しづらくなります。

ラブレット開ける時は、ピアッサー派?ニードル派?

ラブレットを開ける時、ボディピアスに慣れている人や男性はニードルが多いでしょう。
まだボディピアスどころか耳たぶ位のピアスだと、ピアッサーのほうがセルフでやるには使い慣れているためやりやすいと思います。

それぞれの特徴や良さが有るので、自分にあった方を選んでピアッシングしてくださいね!
<ニードルの特徴>
必要なところだけを鋭い刃でサクッと切りながら貫通させるため、治りも早くホールもキレイです。軟骨など皮膚だけではなくデリケートな組織にホールを開ける場合には、非常に適しています。
もしセルフでニードルで開ける場合は、自分でするとナナメになったり失敗しやすいので、専門店や病院で行ったほうが良いです。
ピアッサーのような音が苦手の方はニードルがオススメです。
痛みについては、注射針で刺された感じです。鉗子でぎゅっと抑えてやると痛みが散漫しやすいです。
<ピアッサーの場合>
力を入れて差し込みながら貫通させるようなイメージです。なので、耳たぶくらいであれば簡単にピアッシングができます。
ピアッサーの場合、取り扱いがとても簡単で、開いていないものであれば殺菌済みで清潔です。
友達と自宅でピアスを開けたりする場合や、ニードルを使い慣れていない場合はピアッサーのほうが使いやすく、勢い良く開けられます。
※自分では出来ないくらい小さな部位に対しては、ニードルにしてくださいね。
ボディピアス専門店『凛』では、ボディピアスの部位に合わせた様々な種類のピアッサーが有るので、自分の開けたい部位に合わせたピアッサーを選んで下さい。

ピアスを開ける時のニードルってなに?どこで手に入る?

ニードルとは、ボディピアスを開ける時に使われる針で、見た目は注射針のような形をしています。
裁縫用の針とは全く違い、医療用として作られているため身体に使用するにはとても最適な針です。

ニードルは、必要なところだけを鋭い刃でサクッと切りながら貫通させるため、治りも早くホール自体もキレイです。軟骨など皮膚だけではなくデリケートな組織にホールを開ける場合には、非常に適しています。
もしニードルで開ける場合は、自分でするとナナメになったり失敗しやすいので、専門店や病院で行ったほうが良いです。

ニードルを入手するには、ショップでは売っていないことのほうが多いので、ボディピアスのオンラインストアなどで見つけたほうが早いです。

ピアッサーの場合は、力を入れて差し込みながら貫通させるようなイメージです。
なので、耳たぶくらいであれば簡単にピアッシングができます。
ピアッサーの場合、扱いが簡単で清潔です。
友達と自宅でピアスを開けたりする場合や、ニードルを使い慣れていない場合はピアッサーのほうが勢い良く開けられます。
しかし、自分では出来ないくらい小さい部位に対しては、ニードルにしてくださいね。

ボディピアス専門店『凛』では、ボディピアスの部位に合わせた様々な種類のピアッサーが有るので、自分の開けたい部位に合わせたピアッサーを選んで下さい。
『ボディピアス専門店 凛』

ラブレットの開け方を教えて下さい。

ラブレットを開ける時は、専門店や病院で開けることをおすすめします。
なぜなら、簡単に開き、失敗が少なく、楽だからです。
しかし、少し出費がかさみますよね。

セルフで開けると、友だちと一緒にできたり、経済的だったりします。
でも、ボディピアスをセルフで開けるとなると、結構様々な道具が必要です。
安全にピアッシングするために最小限揃えないといけない道具が有るので、これだけは揃えてくださいね。

<< セルフでラブレットを開ける時に必要な道具 >>
・ニードル14G
・ニードルと同じGのバーベル系ピアスかCBR
※ここにGやシャフトの揃ったラブレットがたくさんあります。
http://rin-kyo.com/SHOP/24464/list.html
・清潔なコットンかガーゼ
・抗生物質入り軟膏
・清潔な小さい器 (ニードルやピアスの滅菌用)
・清潔な消しゴム
・消毒薬(消毒用アルコール)
・うがい用イソジンかリステリン
・ティッシュ
・マーキングペン(顔料インクペンでも可)

※あった方が便利な物
・クランプ
・医療用手袋
・定規

ラブレットが安定するのはいつ?

ラブレットは、比較的ホールが安定するまでの時間が短いです。

人によって様々ですが、トラブル無しで順調に行けば1ヶ月〜1ヶ月半で安定し、3ヶ月〜4ヶ月で完成します。耳たぶより早いです。
若い人だと新陳代謝が早い分、完成までが早いです。

化膿しやすい人や傷が治りづらい人は、さらに1ヶ月はみたほうがいいです。
口元なので、仕事柄ラブレットを付け替えたりしながら安定させていく人もいますが、そういった場合は安定まで多少時間がかかります。

ファーストピアスを付け替えたりしないで、衛生的に過ごせば、ラブレットを自体は安定まで早い場所です。

余談ですが、仕事柄ピアスを変更したとしても、透明ピアスや肌色ピアスにしてもない人と比べるとハッキリわかりますよ。
よほど、顔を合わせて話さない職業や周りの人が無関心じゃ無い限り、ラブレットは見えます。

ラブレットしてからの歯磨きやお風呂などは大丈夫?

ボディピアスをピアッシングした後すぐのお風呂は少し勇気要りますよね。

ラブレットを開けた後のお風呂は、内側が常に唾液で濡れている状態になっているのであまり気にせず入っても大丈夫です。

顔を洗う時にはゴシゴシせず、泡だけで優しく洗ってください。(肌にもいいですよ)
ヘアスタイルがロングの人の場合は、髪の毛が引っかからないように気をつけてください。引っかかった状態で引っ張ると結構痛いです。。。

歯磨きについては、ラブレットピアスに当たらないように磨く程度で大丈夫です。
ラブレットスタッドは、口の内側が平らになっているのでバーベルよりも磨きやすいので、数日間の腫れている時期を過ぎれば普通に磨けるようになります。

ラブレットは、他の場所と違って穴がふさがりやすい為、不安でも付けっぱなしにして下さい。
逆に言うと、安定しやすいのでつけたまま数週間でいれば、ある程度安定してきます。

しかも、唾液自体に殺菌作用が有るため、汚れによる細菌繁殖も起こりにくいし、、トラブルになりにくい場所です。

口腔内を清潔に保ち、安定を早めましょうね!

※口の中でピアスの違和感を感じても、安定するまでは舌でいじくらないようにして下さいね!